旅と旅行

「旅」と「旅行」。
一見同じようでいて、実は全然違うもの。そんな気がします。

個人的な考えではありますが、
「旅」⇒自由度が高く、目的も行動も途中で変えられる。個人行動が主。
「旅行」⇒中身も目的も決まっている。ある程度まとまった人数での行動が主。
そんな風に思います。

実際、インターネットで「旅 旅行」の2語で検索をしてみると
○ 「旅行が好き」/「趣味が旅」
○ 旅行より"旅”
○ 旅・旅行・観光・冒険、それぞれの違い
どうやら違いがあるみたい。

「修学旅行」「温泉旅行」「スキー旅行」「家族旅行」
…すべて「旅行」の部分を「旅」に変えてみるとしっくりこない。なんか落ち着かない。

そんなことから「旅行」は何か大きな目的があって、
個人行動ではなく、数人~大人数(団体)で行動するもの、という感じ。
数人(大人数/団体)で行動するから、中身も目的もしっかりしたものじゃなければこまることも多い。
各人が自由度を高くもって行動していたら、まとまりがつかなくなるだろうし、
また「みんな」で行く意味がなくなってしまう。
数人(大人数/団体)で行動するから、他の旅行グループと交流を図ることもまずない。
一緒に行動をしている小さな「コミュニティ」から外れると、
「自分勝手な奴」という烙印を押されかねない。

私も「旅行」の計画は立てる。
いつ、どこを見て回って、どんな交通手段で現地に行き、どこに宿泊するか。
交通手段は主に鉄道。「青春18きっぷ」を使ってのんびり旅がやはり好き。
そして、気になる駅があると、ふらっと途中下車。ぶらり散歩。
いつの間にか旅行は「旅」と化している。
最終的には目的の宿泊地に予定時刻までに到着できればいいかな、ぐらいに考えて行動。
ただ、宿を予約している場合にはチェックイン時刻は極力守るようにしている。

予定より早起きできたら早い列車に乗って移動すればいい。
途中下車した先でのんびりしすぎたら、特急列車や新幹線などを使って先を急げばいい。
IMG_8307.JPG

そんな感じで「旅」を楽しんでるし、これからも楽しみたいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック