【島根県・大田市】メグルヤ(廻屋)

石見銀山遺跡がある大田市の温泉津(ゆのつ)温泉街にちょっと変わった宿がある。
「メグルヤ(廻屋)」
IMG_6151.JPG
ゲストハウスで検索して泊まったが、他にあるようなドミトリーはなく、すべて個室。
1階は雑貨屋さん兼カフェ、2階が個室。
IMG_6153.JPG
築100年を超える古民家を改造した建物。
古い板の階段を上るとギシギシ音が鳴る。
古い建物のため、人の足音もとなりの宿泊客の息遣いも聞こえてくる。
隣室との境はふすま一枚。
IMG_6152.JPG
一つ一つの部屋は広い。
ゲストハウスというより、民家に泊まっている感じ。
こんなのもいいね。

隣室に泊まっていたゲストさん、バイクで日本一周の旅とか。
宿泊客は少なかったが、ゲスト同士の交流はもてた。これ、旅の醍醐味。

宿にお風呂はないが、近隣に入浴施設(温泉)がある※後述。
温泉津温泉街はちょっと辺鄙なところにあり、
GWではあったが、観光客でごった返すということもないらしい。
静かな町でいい。

《DATA》
宿泊日:2016年5月4日(水)~5日(木) ※1泊
ホームページ:http://meguruya.esy.es/
住所:〒699-2501 島根県大田市温泉津町温泉津口67
アクセス:温泉津駅から徒歩10分。
料金:個室4,000円/人
おすすめ度⇒★★★☆☆(満点5のうち3)


近隣の店:どれも宿で教えてくれたところ。
(1) cafe bar 路庵(大田市温泉津町温泉津口31)
IMG_6161.JPG
築100年を超える古民家を改造して、cafe barに。
しかし地酒も地物の魚介もたくさんあるのが嬉しい。
まぁ、その大半はおしゃれな洋風にアレンジされてはいるが…。
IMG_6170.JPG

(2) 薬師湯
閉館時間が近かったためか、浴槽の中はまさに芋洗い状態だった。
どこにこんなに人いたんだろう・・・。
大正時代の洋風建物をそのまま残してあって、味がある建物。
入湯料350円。
IMG_6159.JPG

(3) 元湯温泉 泉薬湯
こちらは朝湯に入りに行く。とにかく熱い!
浴槽が2つあって、一方の浴槽の温度計を見ると、46℃をさしている。
もう一つの湯は48℃。地元の人はこれに平気で入っているそうだ。
湯につかりながらおじいちゃんと話すが、半分以上方言で理解不能…。
テキトーに相づちうってしまった、ごめんなさい。
入湯料300円。
IMG_6157.JPG

近隣観光地:
(1) 櫛島
IMG_6199.JPG
宿から歩いて30分ほどで絶景ポイント。
巨岩・奇岩に打ち込む波、子らの楽しげに水と戯れる声。。。
キャンプ場が併設されていて、なかなか素敵なロケーション。
IMG_6209.JPG
櫛島とは、後鳥羽上皇が隠岐島に流される時に、この地に立ち寄り、
村人に櫛を授けたという伝説から名づけられたとか。

(2) 石見銀山遺跡
温泉津からJR山陰本線で30分ほど、大田市駅からさらに路線バスで代官所跡下車。
2007年に世界文化遺産に登録された「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産と
その付属遺産をいくつか巡る。
羅漢寺五百羅漢…たくさんの仏さん。
IMG_5989.JPG
龍源寺間歩…坑道の中を見学。夏なのに坑道内はひんやり。
IMG_6026.JPG
IMG_6027.JPG
などなど・・・
石見銀山遺跡に関してはこちら(⇒ http://www.pref.shimane.lg.jp/sekaiisan/ )をご参考に。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446154109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック