【北海道・小樽市】小樽山小家BACKPACKERS

JR小樽駅から歩いて15分ほど、砂留トンネルの入り口近くにその宿はある。
名称未設定-1.jpg
外観は会社か何かが入っていそうな建物。
インターホンを押すと明るい声。

IMG_7874.JPG
ドアを開けて2階へ上がると玄関。
玄関入ってすぐ左手がリビング。そこでチェックイン受付。

宿泊はドミトリー。二段ベッドが2つならぶ、小さな部屋。
そのうちの下段ベッドを使わせてもらう。
IMG_7875.JPG IMG_7879.JPG
個人用ベッドスペースは思った以上に広く、布団の周りに荷物は置ける。
私は80Lのバックパックで旅をしているが、それを置いても寝るのには邪魔にはならない。
コンセントは各ベッドに2つついているが、1つは読書灯に既に使われているため、
いくつもの充電が必要な場合は3つ口タップなどを持参すると良いだろう。

宿のオーナーはヤマさんとマキさんご夫妻。
とてもにこやかに迎え入れてくれる。
正月とあって近隣でやっているお店はない、または少ないと
情報をいただいて、リビングでのんびりすることに。
やがて他のゲストさんたちがやってくる。
いつの間にか始まった酒盛り。
20170101_174606.jpg 20170101_174408.jpg

夜更けまでオーナーさんと他のゲストさんと酒を飲みながら楽しいひと時が味わえた。
これもゲストハウスならではの楽しみ方。

《DATA》
宿泊日:2017年1月1日(日)~3日(火) ※2泊
ホームページ:http://otaruyamagoyabp.com/
住所:〒047-0032 北海道小樽市稲穂5-25-5
アクセス:小樽駅から国道5号線を余市方面へ進み、徒歩12分くらい。
料金:男女別ドミトリー3,000円(2連泊目以降2,000円)、個室1泊1名4,000円~
おすすめ度⇒★★★★☆(満点5のうち4)


近隣の店:
(1) ざっかす島影(小樽市錦町13-10)
昼は酒屋、夜は居酒屋というお店。
残念ながら、正月のため夜の営業はしていなかった。
次回訪れた時には、行ってみたいお店。
IMG_8076.JPG
(2) シロクマ食堂(小樽市色内3-6-3)
ちょっとおしゃれな飲食店。
予約でいっぱいだとかでこちらも入れず。
IMG_8077.JPG
(3) なると本店(小樽市花園1-1-1)
こちらは若鳥の半身揚げがいただけるお店。
若鳥の半身揚げは小樽のソウルフードだとか。
半身揚げは色々な部位をいっぺんに味わえて◎
前金制の大きな定食屋といった感じか。
IMG_8081.JPG
(4) 三角市場(小樽市稲穂3丁目10-16)
小樽駅わきにある市場。
多数の飲食店がある。
IMG_8090.JPG
宿のオーナーさんにおすすめいただいた「かわしま」さんで朝ご飯。
IMG_8096.JPG

近隣観光地:
(1) 小樽運河
北運河まで歩いて10分程度。
IMG_7894.JPG
(2) 旧日本郵船の建物
歩いて5分程度。
IMG_7887.JPG
他多数。。。

1泊目の夜に仲良くなった他のゲストさんと2日目の小樽散策を共にした。
旅は道連れ。このことばがゲストハウスでは体感できるかも。
参考になるかどうかはわからないが、一日の行程(すべて徒歩)。
宿(8:30)→旧日本郵船の建物→田中酒造亀甲蔵(見学・試飲)→運河沿い散策→
新日本フェリーターミナル→石原裕次郎記念館→たけの寿司(昼食)→手宮線跡→
運河沿い散策→宿(15:00)

道中立ち寄った「たけの寿司」さんはおすすめ
しかし、あまり大人数で行くお店ではない。
カップル・家族・少人数の友だち連れに最適
IMG_8050.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445972886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック