【UPDATED】2017/03/13

最終更新日:2017/03/13 【広島県・広島市】ゲストハウスラッピー ※この記事は更新があるごとに一番上へ行くようにしています。 このブログは旅好きな私が訪れたゲストハウスの記録です。 あぁ、こんなゲストハウスあるんだな、程度で見てもらえたら幸いです。 掲載されている記事は、実際に泊まった個人的な感想・体験であり、 また、情報(料金・イベント等)は滞在したときのものです。 …

続きを読む

被災地を旅すること

2011年3月11日宮城県沖を震源にした、ものすごく大きな地震が発生。 東京都内でもものすごく揺れ、ものすごくびっくりしたのを覚えている。 その後、ニュースで流れる映像の多くは、東北地方を襲った大津波の映像。 震災の前年に東北を旅して見知った町も、地震と津波により大きな被害を受け その映像もテレビから流れてきた。 とりたてて私にできることは見つからない。 できることといったら小銭…

続きを読む

旅と旅行

「旅」と「旅行」。 一見同じようでいて、実は全然違うもの。そんな気がします。 個人的な考えではありますが、 「旅」⇒自由度が高く、目的も行動も途中で変えられる。個人行動が主。 「旅行」⇒中身も目的も決まっている。ある程度まとまった人数での行動が主。 そんな風に思います。 実際、インターネットで「旅 旅行」の2語で検索をしてみると ○ 「旅行が好き」/「趣味が旅」 ○ 旅行…

続きを読む

ゲストハウスに泊まる

2013年ごろまでほとんどゲストハウスというものに泊まったことはなかった。 それまでは安いビジネスホテルに宿泊。それで充分、非日常を味わえたし、 ビジネスホテルは大概、駅や繁華街の近くにあったから、夜、飲みに出るのにも便利だった。 また、ホテルによっては朝食無料のところもあり、それはそれで魅力だった。 しかし、「安かろう悪かろう」のビジネスホテルにあたると、その旅は台無しの何者でもない。…

続きを読む

ゲストハウスって何?

「ゲストハウスって何?どんなところ?」というメッセージをいただいたので、ちょこっと説明してみようと思います。 ゲストハウスとは、ホテルなどには必ずあるような、タオル・歯ブラシ・浴衣などの、アメニティを省いた素泊まりの安宿。料金は2,500~3,000円というところがほとんど。 素泊まりだから朝夕食はもちろんつかない。中にはゲストやスタッフ、ヘルパーさんとの交流の場として、イベント的に飲み…

続きを読む

【北海道・北斗市】ゲストハウス函館クロスロード

五稜郭から道南いさりび鉄道で4分、七重浜駅から歩いて10分ほど。 津軽海峡フェリー函館ターミナルからもほど近く、アクセスは良い。 北海道新幹線に翌日乗るための前泊滞在として利用させてもらった。 玄関を開けるとすぐ右手が受付カウンター。 チェックインを済ませ、部屋に案内してもらう。 今回は個室(¥3,000.)を利用させてもらった。 館内にはたくさんの本。マンガが多…

続きを読む

【北海道・小樽市】小樽山小家BACKPACKERS

JR小樽駅から歩いて15分ほど、砂留トンネルの入り口近くにその宿はある。 外観は会社か何かが入っていそうな建物。 インターホンを押すと明るい声。 ドアを開けて2階へ上がると玄関。 玄関入ってすぐ左手がリビング。そこでチェックイン受付。 宿泊はドミトリー。二段ベッドが2つならぶ、小さな部屋。 そのうちの下段ベッドを使わせてもらう。 個人用ベッドスペースは思った以…

続きを読む

【大阪府・淀川区】大阪とまとゲストハウス

何も予定のない連休前夜、ふと大阪に行きたくなった。 今年(2016年)一年間、NHK大河ドラマ『真田丸』を見てきて 真田丸があったとされる場所をこの目で一度見てみたいから。 そんな理由でふらっと大阪へ行ってみた。 大阪に着いたのは夕刻早い時間。 真田丸跡地、真田ゆかりの地を巡り、宿を探す。 開いたのは楽天トラベル。 「大阪 ゲストハウス」で検索すると、出てくる、出てくる。 大…

続きを読む

【三重県・伊勢市】伊勢のゲストハウス風見荘

伊勢神宮外宮からも伊勢市駅からもほど近い、小さな交差点の一角にその宿はある。 「伊勢のゲストハウス風見荘」 建物全体も広く、手作り感はあるものの、すごく清潔感もある。 1階がリビング、2階・3階がドミトリーと個室。 夏休み期間中ということもあり、様々な国籍の、様々な人々がこの宿に集っていた。 ドミトリーは2段ベッドのところと床に布団のスペースがある。 2段ベッドの下段を利…

続きを読む

【愛知県・名古屋市】音速別荘

「音速」とかいて「おとはや」と読むらしい。 名古屋駅から約20分。 ちょっと距離はあるが、かなり面白い宿。 それほど広くはないが、熱い宿。 入口すぐ右が受付カウンター。その裏にも2段ベッド。 ここにはスタッフさん・ヘルパーさんが寝泊まりしてるのかな? 手作り感満載で、見ているだけで楽しい。 ドミトリーは奥へ入って、半地下になったところ。 …

続きを読む